ブログ

障害福祉サービス事業者の賃金改善方法を従業者に周知する際に注意したいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

賃金改善方法の周知の義務

 

福祉・介護職員等特定処遇改善加算を取得する障害福祉サービス事業者は賃金改善方法を従業員に周知する義務があります。その際に特定処遇改善計画書や情報公表制度等を用いて従業員に周知しましょう。加えて従業員の就業規則についても周知する必要があります。

 

情報公表制度

利用者が個々のニーズに沿った良質なサービスを選択できたり、障害福祉サービス事業者が提供するサービスの質の向上ができることを目的として、平成28年5月の障害者総合支援法の改正により、障害福祉サービス事業者に対して障害福祉サービスの内容等を都道府県知事等へ報告することを求めるとともに、都道府県知事等が報告された内容を公表する仕組みを創設し、平成30年4月に施行されました。

独立行政法人福祉医療機構が運営している「WAMNET」により情報が公開されています。

 

参照:障害福祉サービス等情報公表制度(厚生労働省ホームページより)

 

周知する際の注意点

特定処遇改善計画書をそのまま周知するだけでなく、周知に一工夫を加えましょう。

加算を取得するためだけであれば、周知するのみで一時的に加算の取得はできるかもしれませんが、特定処遇改善加算の本来の目的は現場に携わる従業員の確保と定着であり、結果として障害福祉サービスの会計の補填となるものです。

給与の増加対象となる従業員に加え、職員分類の変更特例を駆使して、従業員の研修の受講や介護福祉士等の資格取得を促進していくことが重要になります。

 

関連記事:職員分類の変更特例

 

処遇改善加算は取得する前よりも取得した後が大切です。取得要件を常に満たし続ける状況でなければ、加算を当てにして運営を続けていても経営破綻に繋がる恐れがありますので、注意して下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

処遇改善加算お役立ち情報一覧となっております。

気になる方は↓↓↓をクリック❗️

 

 

<障害福祉業界を明るくしたい行政書士の自己紹介>

<ご相談・お問い合わせ窓口>

<取扱業務>

障害福祉サービス事業指定申請(変更、更新)、実地指導対策、特定処遇改善加算取得支援、事業展開、資金調達、資金繰り、法人設立(株式会社・一般社団法人 等)に関する業務を取り扱っております。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

 

関連記事

ページ上部へ戻る