ブログ

行動援護・同行援護の違い、指定基準の一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

行動援護と同行援護の違いは何?

 

 

行動援護と同行援護の違いは以下の通りです。

同行援護視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等につき、外出時において、当該障害者等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与すること(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 第5条第4項参照)

 

行動援護知的障害又は精神障害により行動上著しい困難を有する障害者等であって常時介護を要するものにつき、当該障害者等が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護外出時における移動中の介護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与すること(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 第5条第5項)

 

 

・同行援護→視覚障害者を対象

・行動援護→知的障害者又は精神障害者を対象

 

 

 

行動援護・同行援護事業を始めるには…

 

2つ要件があります。

・法人格の取得

・指定基準を満たす

※行動援護・同行援護事業の人員基準以外の指定基準は同じです。

 

関連記事:障害福祉サービス事業者に知っておいていただきたいこと

 

行動援護・同行援護事業の人員基準

 

 

 

行動援護・同行援護の設備基準

 

 

行動援護・同行援護の運営基準

 

・内容及び手続の説明及び同意

・契約支給量の報告等

・提供拒否の禁止

・連絡調整に対する協力

・サービス提供困難時の対応

・受給資格の確認

・介護給付費の支給の申請に係る援助

・心身の状況等の把握

・指定障害福祉サービス事業者等との連携等

・身分を証する書類の携行

・サービスの提供の記録

・指定行動援護、指定同行援護事業者が支給決定障害者等に求めることのできる金銭の支払の範囲等

・利用者負担額等の受領

・利用者負担額に係る管理

・介護給付費の額に係る通知等

・指定行動援護、指定同行援護の基本取扱方針

・指定行動援護、指定同行援護の具体的取扱方針

・居宅介護計画の作成等

・同居家族に対するサービス提供の禁止

・緊急時等の対応

・支給決定障害者等に関する市町村への通知

・管理者及びサービス提供責任者の責務

・運営規程

・勤務体制の確保等

・衛生管理等

・掲示

・秘密保持等

・情報の提供等

・利益供与等の禁止

・苦情解決

・事故発生時の対応

・会計の区分

・記録の整備

 

 

記事の作成者紹介↓

障害福祉サービス事業に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

関連記事

ページ上部へ戻る