ブログ

大規模住居等減算 〜共同生活援助の定員規模〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大規模住居等減算とは

 

共同生活住居の入居定員の規模に応じて、所定単位数が減算される仕組みのことです。

定員超過利用減算の対象とならない共同生活援助事業者の減算の仕組みです。

関連記事:定員超過利用減算 〜計算方法と定員に含まれない利用者とは〜

 

対象サービス

共同生活援助

 

共同生活住居の定員規模

入居定員が8人以上21人未満

所定単位数の95%です。

 

入居定員が21人以上

所定単位数の93%です。一体的な運営が行われている共同生活住居の入居定員が21人以上の場合は所定単位数の95%です。

 

一体的な運営がおこなわれている共同生活住居とは

 

下記の2点が当てはまる共同生活住居のことです。

 

同一敷地内又は近接的な位置関係

・世話人又は生活支援員の勤務体制がそれぞれの共同生活住居の間で明確に区分されていない

 

 

この要件に当てはまる共同生活援助事業者であれば、20人定員の共同生活援助事業の場合、減算対象となりません

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

共同生活援助事業お役立ち情報一覧となっております。

気になる方は↓↓↓をクリック❗️

 

 

<障害福祉業界を明るくしたい行政書士の自己紹介>

<ご相談・お問い合わせ窓口>

<取扱業務>

障害福祉サービス事業指定申請(変更、更新)、実地指導対策、特定処遇改善加算取得支援、事業展開、資金調達、資金繰り、法人設立(株式会社・一般社団法人 等)に関する業務を取り扱っております。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

関連記事

ページ上部へ戻る