ブログ

  1. 障害福祉サービス事業者としての成長のメカニズム

    成長は誰もが望んでいる今回は大人になってからの実感が得ずらい成長について考えてみましょう。

    続きを読む
  2. 良質な障害福祉サービス事業の経営者を見分ける3つのポイント

    良質な経営者を見分けるポイントそもそも良質な経営者とは皆さんにとってどんな経営者でしょうか?有言実行な経営者、冷静沈着な経営者、やる気に満ち溢れている経営者等人それぞれですが、やはり信頼される経営者が良質な経営者と言えるでしょう。

    続きを読む
  3. 個別支援計画の作成における注意ポイント 〜コピー&ペーストによる2つの障害福祉サービス事業の運営を阻害する要因〜

    個別支援計画の作成において避けたいポイント障害福祉サービス事業者の重要業務に「個別支援計画」があります。内容についてはこちらの記事を参照して下さい。

    続きを読む
  4. 福祉医療機構の無利子・無担保等の危機対応融資の拡充 令和2年度第二次補正予算案の内容

    ウイルスとの長期戦を戦い抜くための医療・福祉の提供体制の確保昨日もご紹介した厚生労働省の令和2年度第二次補正予算案の3つの柱の1つ「ウイルスとの長期戦を戦い抜くための医療・福祉の提供体制の確保」。

    続きを読む
  5. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金 〜障害福祉サービス事業者の従業員への慰労金〜

    令和2年度厚生労働省第二次補正予算案令和2年5月27日に令和2年度第二次補正予算案が閣議決定されました。

    続きを読む
  6. 障害者優先調達推進法の仕組み 〜国・地方公共団体の責務〜

    障害者優先調達推進法平成24年6月27日に公布され、平成25年4月1日より施行された法律です。行政による物品・役務の調達が障害者就労施設から行われることで就労施設の受注機会の確保、物品・役務の調達の需要の向上が望まれています。

    続きを読む
  7. 開所時間減算 〜生活介護事業者が当てはまる減算〜

    開所時間減算生活介護を提供する障害福祉サービス事業者の生活介護事業の営業時間が6時間未満である場合に対象となる減算です。営業時間が4時間以上6時間未満の場合は所定単位数の70%、営業時間が4時間未満の場合は所定単位数の50%が算定されます。

    続きを読む
  8. 短時間利用減算 〜生活介護事業者が当てはまる減算〜

    短時間利用減算生活介護を提供する障害福祉サービス事業者が対象となる減算の1つです。加算を含む前の報酬が算定対象となり、要件に当てはまる場合は所定単位数の70%の取得となります。3ヶ月前の利用人数が定員の50%以上の場合に減算対象となります。

    続きを読む
  9. 新型コロナウイルスによる処遇改善加算に係る影響 〜賃金改善実施期間・実績報告書の提出期限の延長〜

    新型コロナウイルスによる処遇改善への影響新型コロナウイルスによる障害福祉サービス事業者の影響の1つに処遇改善への影響があります。以下の影響が挙げられます。

    続きを読む
  10. 新型コロナウイルスにより生活介護事業が受ける影響と対策

    生活介護の利用が在宅でも可能に世間では新型コロナウイルスの影響も徐々に弱まりつつありますが、そんな時だからこそ気が緩み、感染の危険性が高まります。障害福祉サービス事業者の従業員の皆様は引き続き、感染に注意して支援に臨んでいきましょう。

    続きを読む

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分)の申請ポイント

障害福祉業界を明るくしたい行政書士のTwitter

当事務所のFacebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る