ブログ

オンライン面会を導入する際のポイント 〜障害者支援施設・グループホームの利用者と家族の会話の重要性〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オンライン面会

 

新型コロナウイルスの感染経路の遮断のため、障害者支援施設やグループホームでは緊急時を除いてご家族との面会を謝絶している状況があります。ご家族としてはご本人が元気に過ごせているか、体調を崩していないか、感染していないか心配されているケースが多いです。

そんなご家族の要望としてオンラインによる面会を障害者支援施設やグループホームで導入してほしいという声を耳にしています。オンライン面会の例としてはテレビ電話、Webアプリ(Zoom、Skype、Chatwork等)を使用した対面通話が挙げられます。

オンライン面会は「ご家族もご本人も元気な姿をお互いに離れていても確認できる」ことが最大のメリットとなります。

 

面会に必要な備品

利用者

ハード端末(パソコン、タブレット、スマホ等)

原則、事業者の保有するハード端末の使用が望ましいです。しかし、グループホームの入居者の中にはスマホを持っている方もおり、自分のスマホでテレビ電話で会話したいという希望者がいれば、職員がWebアプリのダウンロード方法、使用方法をご本人にレクチャーすることが必要となるでしょう。

 

家族

家族で保有するハード端末

事業者の保有するハード端末でWebアプリのダウンロードをすると、使用するアプリによっては家族で保有するハード端末にダウンロードが必要のないものもあります(Zoom等)。Webアプリ次第となりますので、導入を検討されている事業者は確認してみて下さい。

 

面会に必要となる環境

利用者

他利用者や職員に会話内容が聞こえないようにプライバシーを確保することが必要となります。しかし、ご本人がハード端末を使用できない等職員がハード端末の使用を補助する場合もありますので、職員の同席が可能かご家族の同意を得る必要も出てきます。

途中で中断したり、会話や映像が途切れ途切れにならないようにWi-Fi等の通信環境の良い状態で実施することも大切です。

 

家族

利用者と同様、プライバシーの確保に努めることと、Wi-Fi等の通信環境の良い状態での実施が大切になります。

 

新型コロナウイルスの感染対策の徹底

利用者

ハード端末を使用する際は利用者・職員の手指消毒、ハード端末の消毒を忘れずに実施しましょう。端末使用の補助を行う職員は飛沫感染防止のため、画面向きに横に並び、約1メートルの間隔を空け、マスクの着用が大切です。

 

家族

仕事による外出が避けられない家族がいる場合は、飛沫感染防止のため、画面向きに横に並び、約1メートルの間隔を空け、マスクの着用をすることが大切になるでしょう。

関連ページ:感染症対応 一覧

 

オンライン面会導入の注意点

面会時間の設定

オンライン面会のメリットの1つとして「いつでもできる」ことが挙げられますが、この「いつでもできる」ことはデメリットにもなります。ご家族が忙しい時間帯、支援者が忙しい時間帯は異なります。電話も支援者が忙しい時間帯に掛かってきた時は出られないことがほとんどです。逆も然りでご家族が仕事の時間帯の連絡は出られないことがほとんどとなります。こういった行き違いを減らすためにもオンライン面会を実施する時間帯を事業者とご家族で決めておくことは大切です。お勧めの時間帯は夕食を終えて1時間経った頃の余暇時間です。

大切になるのはご家族の要望ばかりを受け入れるのではなく、事業者もオンライン面会が難しい時間帯をしっかりご家族に伝えることでお互いにストレスを減らす面会とすることが重要となります。

 

職員のWebアプリ等のオンラインツールのスキル向上

上記の面会時間の設定を行なった場合、毎日実施することになるとします。面会の時間帯に勤務となる職員はオンラインツールを滞りなく使用できるようになることが必須となります。このオンラインツールはどうしても若い職員の方が得意となりやすいため、長年働いてきた職員はツールの使用を苦手とされる方もいらっしゃることと思います。しかし、業務過多な現場にとってはレクチャーする時間も取れずに苦労されるケースも予想されます。

オンラインツールのスキル向上策として私からはオンライン面会だけでなく、職員間の打ち合わせや会議にもオンラインツールを使用することをお勧め致しますオンラインツールは実際に使用してみることが上達への一番の近道です。オンライン面会の導入の前に職員間の打ち合わせや会議にオンラインツールを導入することで事前に職員のスキルの向上を図ることが必要となるでしょう。同時に複数のオンラインツールの使用は避けましょう(Zoom・Skypeの同時導入等)。オンラインツールは1つに定めて使用する方が今後新しく入職する職員へのレクチャーもしやすくなりますので、お勧めです。

 

忘れてはいけない利用者やご家族の同意

Webアプリを使用するオンライン面会の際は会話内容がWebアプリを経由することになります。個人情報を保護する観点から職員のご本人のツール使用の補助だけでなく、Webアプリを使用したオンライン面会の利用の同意を得る必要が出てきます。

関連記事:障害福祉サービス事業者が遵守する個人情報保護

 

最後に

 

今回はオンライン面会を導入する際の注意点を中心に説明致しました。東京でも新型コロナウイルスの感染者がまた増え始めていますね。多くのグループホームではリアルによる面会の謝絶を行っているところが多いことと思います。老人ホームでも同様に面会を謝絶しているようです。先日あるご家族の話をお伺いしたら、面会謝絶になったことで本人の認知機能の低下が見られるようになったそうです入居されている方は私たちが想像するよりも家族との会話を求めている方が多いです。実際にコロナウイルスによる自粛状況の中、グループホームで過ごさなければならない方々も「早く出かけたい」「早く家族に会いたい」と口に出している方もいるようです。

自分で電話ができる方であれば、家族との会話も問題はないかもしれません。しかし、顔を見てお互いが元気なことを確認できることの方が完全ではありませんが、安心に繋がりやすいです。少しでもご本人に安心を与えることができるツールとしてオンライン面会は是非導入して頂きたいです。

この記事がオンライン面会の導入を検討している障害福祉サービス事業者の参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

参照:障害者支援施設等におけるオンラインでの面会の実施について(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課)

 

共同生活援助事業お役立ち情報一覧となっております。

気になる方は↓↓↓をクリック❗️

 

 

<障害福祉業界を明るくしたい行政書士の自己紹介>

<ご相談・お問い合わせ窓口>

<取扱業務>

障害福祉サービス事業指定申請(変更、更新)、実地指導対策、特定処遇改善加算取得支援、事業展開、資金調達、資金繰り、法人設立(株式会社・一般社団法人 等)に関する業務を取り扱っております。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

関連記事

ページ上部へ戻る