お知らせ

介護・障害福祉に関する勉強会で登壇させて頂きました!

行政書士YTRディア法務事務所の篠原です。

本日はネイタル・ディベロップメント株式会社で介護事業コンサルタントとして活躍されている鈴木紀恵様よりご依頼を受け、Zoom上で「障害福祉における利用者の立場における支援」をテーマに社会福祉士として行政書士としてお話させて頂きました。

本日の参加者は一級建築士、社会保険労務士、損害保険営業担当、建築デザイナー、訪問美容経営者、放課後等デイサービス経営者、サービス付き高齢者向け住宅施設長、グループホーム・放課後等デイサービス開設予定者となっており、総勢16名が参加されました。

これからの障害福祉サービス事業の経営者や開設者、開設に携わる専門家にお伝えしたかったことは「子どもを大切にしている親ほど預けるサービスを真剣に検討する」ということです。介護は主に子どもが親を施設やデイサービスにお願いしますが、障害福祉の場合は逆で親が子どもを福祉サービスにお願いしています。

今回の参加者の皆さんはとても真剣に経営されている方ばかりでしたので、熱い想いに私の方が感化されました。

ページ上部へ戻る