お知らせ

新年のご挨拶 〜CPサッカーチーム「ASユナイテッド」様とスポンサー契約締結〜

新年明けましておめでとうおめでとうございます。

行政書士YTRディア法務事務所の篠原です。
昨年は新型コロナウイルスの流行により生活が一変した1年でしたね。特に障害福祉業界では感染予防の徹底に力を入れる必要がありました。当事務所でも感染対策だけでなく、厚生労働省の実施する慰労金・かかり増し経費等の申請に関する情報を障害福祉業界の皆様に少しでも役立て頂きたい一心で発信して参りました。

まだまだ新型コロナウイルスの感染が収束していない状況ですので、2021年のスタートは明るいものではないかもしれません。そんな中でも当事務所は「障害福祉業界を明るくしたい」という理念の下、障害福祉業界の活性化だけでなく、障害者が今以上に活躍できるような環境を作りたいと考える方のサポートをより一層行っていきます。少しでも障害者の力になりたいと考えている方のご相談をお待ちしております。

早速ご報告ですが、当事務所は本日よりCPサッカーチーム「ASユナイテッド」様とスポンサー契約を締結致しました。CPサッカーは「脳性麻痺者の7人制サッカー」です。あまり認識はされていないサッカーですが、1984年のニューヨーク・アイレスベリーパラリンピックからパラリンピックの正式種目となっております。しかし、2016年のロンドンパラリンピックを最後にCPサッカーはパラリンピックの正式種目から外れてしまい、再びパラリンピックの正式種目への復活を目指してCPサッカー協会を始め、各国のCPサッカーチームは頑張っております。
日本国内にはCPサッカーチームが7チームあり、埼玉を拠点とするCPサッカーチームが「ASユナイテッド」様です。以下のホームページ等をご覧になって頂ければ、「ASユナイテッド」様の活動やCPサッカーのことがお分かりになるかと思います。

本年は障害福祉業界を明るくしていける取り組みだけでなく、障害者が今以上に活躍できるような仕組み作りにも取り組んでいく所存です。宜しくお願い致します。

 

行政書士YTRディア法務事務所
代表 篠原雄太郎

ページ上部へ戻る