お知らせ

障害福祉サービス事業者が安全配慮義務に違反した場合、虐待が発覚した場合の責任の違い

行政書士YTRディア法務事務所の篠原です。

今回ご紹介するのは安全配慮義務に違反した場合と虐待が発覚した場合では障害福祉サービス事業者の責任が変わってくるお話です。
安全配慮義務は契約と一緒に守る義務ですが、虐待は不法行為とみなされます。これらの違いをnoteにまとめましたので、ご覧になってみて下さい。

ページ上部へ戻る