ブログ

子のいない夫婦における配偶者亡き後の財産の承継とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

子のいない夫婦の財産はどうなっていくの?

 

子どものいない夫婦で先祖代々受け継いできた財産を所有している方は自分が亡くなってしまった場合に配偶者に相続されるため、ご自身の家系ではなく、配偶者の家系に所有権が移ってしまいます。

長年共に生活した配偶者に財産を相続することはしたいが、先祖代々受け継いできた土地の所有権を配偶者の家系に移ってしまうことに対しては気が進まない方が多いのではないでしょうか?

 

遺言はどこまでできるの?

 

原則、遺言者の亡くなった後のみの財産の承継は遺言で指定できます。しかし、遺言者が亡くなり、そして配偶者が亡くなった後の財産の帰属先の指定までは遺言者の遺言により指定することはできません。

遺言者が亡くなった後に配偶者に遺言を遺して頂くことも一つの手段ですが、配偶者が認知症により遺言能力が認められない場合などにより叶わないケースも想定されます。

 

自分と配偶者が亡くなった後の財産の承継先を決めるには…

 

家族信託で承継先を指定することが可能です。

家族信託を設定しておくと、財産の帰属先を配偶者が亡くなった後以降の財産の承継先をあらかじめ決めておくことが可能です。信託の設定から30年以内が期限ですので、先々の承継先の指定はケースによりますが、二次から三次までの指定が望ましいと考えられます。

 

図にすると、以下のようになります。

 

しかし、元々の相続人以外の方に財産を譲る場合には贈与税がかかるなど税金上の問題に直面することがあります。その際は提携している税理士にお繋ぎし、お客様の不安を解消できるように努めますので、当事務所に安心してご相談下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る