ブログ

在宅で提供する就労移行支援・就労継続支援の必要となる支援の例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

障害福祉サービス事業者が就労移行支援、就労継続支援の在宅提供で忘れてほしくない目的

 

新型コロナウイルスの影響で就労移行支援、就労継続支援を提供する障害福祉サービス事業者が在宅提供を実施するケースが出始めています。
その際に忘れてほしくない目的は生活リズムの維持就労に必要な知識や能力の向上です。新型コロナウイルスで休業要請が出た影響で通所も自粛せざる得ない状況も有り得ます。これらの目的の達成には現状、事業者の密な連絡等による支援が欠かせないでしょう。
必要となる支援の例は次に挙げていきます。

 

在宅提供で必要となる支援

生活リズムの維持・管理

利用者に合わせた生活記録体調チェック表の作成在宅活動のアドバイスが挙げられます。この生活リズムの維持・管理に関しては家族と同居している場合であれば、家族の協力が必要になってきます。
在宅活動のアドバイスに関しては電話による連絡が主となりがちですが、パソコンの利用を始めてみることをお勧め致します。就労に向けた取り組みであれば、パソコンのスキル獲得はご本人も望まれている可能性があり、連絡手段として電話・メール以外の方法も利用できるようになることは2つ目の目的である就労に必要な能力の向上にも繋がります

今は新型コロナウイルスという利用規制の状況ですが、終息後の取り組みとして、ZoomやSkypeといった連絡ツールの導入を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事:就労移行支援や就労継続支援が在宅でのサービス利用を導入する際に注意したい3つのポイント

 

就労に必要な知識や能力の向上

在宅でできる作業課題学習課題の提供が挙げられます。新型コロナウイルスの影響で取引先や受注先から作業入荷が止まってしまったケースがあるかと思います。
工賃が下がってしまうことは免れませんが、新型コロナウイルスによる影響は見方を変えれば、受注ノルマが無い分、スキル習得にうってつけの期間と捉えることができます。受注作業により顕になっていた課題設定に取り組むことで終息後の作業継続に繋げていきましょう。特に就労継続支援B型の場合は終息後の工賃低下に繋がると報酬低下にも繋がるので、取引先との連絡も忘れずに行っておきたい支援の1つです。

関連記事:新型コロナウイルスに対応する就労継続支援B型サービス費の算定 2つのポイント

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

参照:新型コロナウイルスへの対応に伴う就労継続支援事業の取扱い等について(第4報)

 

就労移行支援事業、就労継続支援A・B型事業お役立ち情報一覧となっております。

気になる方は↓↓↓をクリック❗️

 

 

<障害福祉業界を明るくしたい行政書士の自己紹介>

<ご相談・お問い合わせ窓口>

<取扱業務>

障害福祉サービス事業指定申請(変更、更新)、実地指導対策、特定処遇改善加算取得支援、事業展開、資金調達、資金繰り、法人設立(株式会社・一般社団法人 等)に関する業務を取り扱っております。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

関連記事

ページ上部へ戻る