ブログ

フランチャイズ契約やレベニューシェアを活用して障害福祉サービス事業に参入するメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

法人を設立しなくても障害福祉サービス事業の参入が可能なケース

 

障害福祉サービス事業を開始するためには法人格を取得する必要があります。

関連記事:障害福祉サービスを提供する事業者に知っておいていただきたいこと

今まで個人事業として別事業を経営していたり、福祉施設で働いてきていた一職員が参入したいと考える場合にはこの法人の設立は大きなハードルになるでしょう。しかし、参入者が法人を設立しなくても障害福祉サービス事業に参入する方法も存在します。今回はそちらをご紹介致します。

 

フランチャイズ契約による障害福祉サービス事業の参入

別事業からのスタンダードな参入方法の1つとして「フランチャイズ契約」があります。「フランチャイズって耳にはよく入るけど、よくわからない」という方もいますよね。私もよくわかっていませんでした。わかりやすい例としてセブンイレブンやローソンといったコンビニが挙げられます。セブンイレブンを例に挙げると、本部である株式会社セブンイレブン・ジャパンと加盟者である事業参入者がフランチャイズ契約を結ぶことにより、事業参入者がセブンイレブンの商標の使用、物品販売、サービス提供等の事業経営に関するノウハウの提供や事業経営に関する指導や援助を本部より派遣されたスーパーバイザーより受けることができます。その対価としてロイヤルティと呼ばれる報酬を事業参入者は本部に支払う必要があります。つまり、フランチャイズ契約を結ぶことにより本部となる法人格主体で障害福祉サービス事業を始めることが可能になる仕組みです。

 

フランチャイズ契約のメリット

フランチャイズ契約による参入のメリットは本部による立ち上げから運営まで障害福祉サービス事業参入者はサポートを受けることが可能になることです。つまり、福祉業界の経験がない場合でも参入が可能になります。もう1つのメリットとして最終的な責任の所在についてです。事業のおおもとである本部が最終的な責任を負うため、参入のハードルが低くなるのも特徴でしょう。

 

フランチャイズ契約のデメリット

フランチャイズ契約による参入のデメリットは本部と事業参入者による契約による参入となるため、本部の方針に従う必要があるということです。つまり、本部となる法人が目指す顧客像、経営方法等を遵守する必要があるため、事業参入者の自由度は低くなる可能性があるでしょう。イメージとしては事業参入者は「雇われ店長」のような立場になりやすいのがフランチャイズ契約のデメリットです。

 

レベニューシェアによる障害福祉サービス事業の参入

最近参入方法として名乗りを上げ始めているのがこちらの「レベニューシェア」による参入です。このレベニューシェアによる参入を取り入れているのがペット共生型グループホームわおんでお馴染みの株式会社アニスピホールディングスです。

レベニューシェアは立ち上げから運営までのサポートを本部から受けることができる点でフランチャイズと類似する点がありますが、レベニューシェアは契約ではなく、共同経営とイメージしましょう。つまり、提携先の支援を全て受ける必要はなく、自分にとって必要なサービスだけを受けることが可能になるのです。そのため、フランチャイズよりも安価で障害福祉サービス事業への参入も見込まれます。レベニューシェアによる障害福祉サービス事業の参入を視野に入れる場合、提携先とこれから事業を拡大させていくという意識で臨むことをお勧めします。つまり提携先と長く付き合い、信頼を築いていくことが大きなポイントとなります。

 

レベニューシェアのメリット

レベニューシェアによる参入のメリットはフランチャイズと比べると、自由度が高くなることです。顧客像や経営方法等を事業参入者の思いに沿って決めることができます。提携先がフランチャイズ同様のサポートを提供している場合はそちらを受けることも可能です。未経験者であっても、事業経験者であっても参入しやすいことがメリットです。

 

レベニューシェアのデメリット

レベニューシェアによる参入のデメリットは共同経営という形態が近いため、トラブルによる責任を事業参入者が負う可能性があることが挙げられます。初期投資を抑えたいがために、安価なサービスのみを選択してしまうと後々の運営トラブルを引き起こす可能性も有り得ますので、注意すると良いでしょう。

 

参照:「レベニューシェア」の意味とは?

 

最後に

 

法人を設立しないで障害福祉サービス事業に参入する方法を今回ご紹介致しました。フランチャイズ契約による参入は参入者の思いが反映されずらい側面があったり、レベニューシェアによる参入は提携先と事業を拡大させていくことの意識が大切だと説明しました。フランチャイズの本部やレベニューシェアの提携先の経営者が信頼できるような人かどうかは事業参入者の判断となりますので、しっかり見極めましょう。

関連記事:良質な障害福祉サービス事業の経営者を見分ける3つのポイント

フランチャイズ契約による参入でもレベニューシェアによる参入でもどちらにも当てはまるのが事業展開のしづらさでしょう。レベニューシェアは共同経営という形態に近いですが、1つのサービスのみの事業となっていることがほとんどです。事業運営をしていくと参入者の事業への思いが形成されていくことは必然的です。新たなサービスを展開したいと考える場合であれば、現在の状況ではフランチャイズ契約やレベニューシェアによる参入では実現が難しいでしょう。今後、1つのサービス事業に止まらず、複数のサービス事業の展開を視野に入れている場合であれば、自分で法人を設立していくことをお勧めします。その際は障害福祉分野に詳しい専門家にご相談されることをお勧め致します。

関連記事:障害福祉サービス事業者としての成長のメカニズム

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

記事の作成者紹介↓

障害福祉サービス事業に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

生活介護、就労継続支援B型、共同生活援助での現場経験を活かし、これから障害福祉サービスを提供したいと考える事業所様のご相談承ります。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

関連記事

ページ上部へ戻る