資金調達

  1. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分) 〜障害福祉サービス再開に向けた支援事業〜

    障害福祉サービス再開に向けた支援事業障害児者やその家族の健康・生活を支える上で必須の在宅障害福祉サービス等の利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等の取り組みについて支援を都道府県が行うことになりました。下記の2つの事業を行います。

    続きを読む
  2. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分) 〜感染対策徹底支援事業(かかり増し経費の補助)〜

    障害福祉サービス施設・事業所等における感染対策徹底支援事業かかり増し経費令和2年4月1日以降に障害福祉サービス施設・事業所等で感染症対策を徹底し、障害福祉サービスを利用者へ提供するために購入した経費であり、通常の障害福祉サービス等の提供時では想定されず、実施要綱に反しない経費であれば、幅広く...

    続きを読む
  3. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分) 〜新型コロナ慰労金の申請〜

    障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業新型コロナウイルスの障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員へ下記の理由から慰労金の給付が決定されました。

    続きを読む
  4. 経営環境変化対応資金 コロナウイルスによる経済危機を乗り切るためのセーフティネット貸付

    セーフティネット貸付日本政策金融公庫が実施する融資で「経営環境変化対応資金」「金融環境変化対応資金」「取引企業倒産対応資金」の3つがあります。新型コロナウイルスで対象となるのは「経営環境変化対応資金」となります。

    続きを読む
  5. セーフティネット保証5号 〜新型コロナウイルスの影響で障害福祉サービス事業者が利用できる保証限度の別枠化〜

    セーフティネット保証制度災害、感染症等による事業活動の制限等の理由により、経営の安定に支障を生じている中小企業者について保証限度額の別枠化等を行う制度です。保証を行う機関は各都道府県の信用保証協会となります。

    続きを読む
  6. 障害福祉サービス事業者が金融機関から融資を受けた際に返済期間と据置期間を長くする重要性

    据置期間創業間もない障害福祉サービス事業者の場合でも創業して時間の経つ障害福祉サービス事業者で売上が落ちている場合であっても、融資を金融機関から受けた場合にきちんと返却できるのか不安に感じる事業者も多いのではないでしょうか?融資を受ける際に障害福祉サービス事業者は据置...

    続きを読む
  7. 新型コロナウイルスにより資金が底をつく前からやっておきたい障害福祉サービス事業者の資金調達 〜福祉医療機構 福祉貸付事業の利用〜

    福祉医療機構の実施する福祉貸付事業民間の社会福祉事業の整備、充実を図るために、独立行政法人福祉医療機構が実施する融資制度です。施設整備を行う場合、国や地方公共団体から整備費の補助を受けることは可能ですが、補助を受けるために、一定の自己負担が必要になります。

    続きを読む
  8. 不動産を担保・売却し、資金を調達する手段〜リバースモーゲージとリースバックの違い〜

    不動産を担保にしたり、売却することで資金を調達する手段にどんなものがあるの?担保の視点から見ると、借入金の返済が滞っている場合などに裁判所が担保不動産を強制売却する競売や自宅を担保にして資金を得るリバースモーゲージなどがあります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る