生活介護

  1. 生活介護と就労継続支援B型の違い 〜生産活動の観点から〜

    生活介護と就労継続支援の違い今回は生活介護と就労継続支援の生産活動における違いについて解説します。生活介護と就労継続支援の提供時間の違いまずそもそも障害者総合支援法第5条にそれぞれ以下のように規定されています。

    続きを読む
  2. 平均障害支援区分の計算式 〜生活介護事業所の生活支援員の人員基準の計算〜

    障害支援区分障害者総合支援法によると、障害の多様な特性その他の心身の状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合を総合的に示すものと規定されています(第4条第4項)。障害支援区分1〜6まであり、当てはまらない場合は「非該当」と認定されます。

    続きを読む
  3. フランチャイズ契約を活用して障害福祉サービス事業に参入するメリット・デメリット

    法人を設立しなくても障害福祉サービス事業の参入が可能なケース障害福祉サービス事業を開始するためには法人格を取得する必要があります。

    続きを読む
  4. 障害者優先調達推進法の仕組み 〜国・地方公共団体の責務〜

    障害者優先調達推進法平成24年6月27日に公布され、平成25年4月1日より施行された法律です。行政による物品・役務の調達が障害者就労施設から行われることで就労施設の受注機会の確保、物品・役務の調達の需要の向上が望まれています。

    続きを読む
  5. 開所時間減算 〜生活介護事業者が当てはまる減算〜

    開所時間減算生活介護を提供する障害福祉サービス事業者の生活介護事業の営業時間が6時間未満である場合に対象となる減算です。営業時間が4時間以上6時間未満の場合は所定単位数の70%、営業時間が4時間未満の場合は所定単位数の50%が算定されます。

    続きを読む
  6. 短時間利用減算 〜生活介護事業者が当てはまる減算〜

    短時間利用減算生活介護を提供する障害福祉サービス事業者が対象となる減算の1つです。加算を含む前の報酬が算定対象となり、要件に当てはまる場合は所定単位数の70%の取得となります。3ヶ月前の利用人数が定員の50%以上の場合に減算対象となります。

    続きを読む
  7. 新型コロナウイルスにより生活介護事業が受ける影響と対策

    生活介護の利用が在宅でも可能に世間では新型コロナウイルスの影響も徐々に弱まりつつありますが、そんな時だからこそ気が緩み、感染の危険性が高まります。障害福祉サービス事業者の従業員の皆様は引き続き、感染に注意して支援に臨んでいきましょう。

    続きを読む
  8. 通所先の障害福祉サービス事業所が新型コロナウイルスにより休業要請を受けた場合のグループホーム・通所先の対応

    通所系障害福祉サービス事業者が休業要請を受けた場合新型コロナウイルスの影響により通所系障害福祉サービス事業者が休業要請を受けやすいケースは以下となります。

    続きを読む
  9. 緊急事態宣言で障害福祉サービス事業者が都道府県に受ける4つの対応

    緊急事態宣言令和2年4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発動されました。期間は5月6日までです。この宣言により東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・福岡県が指定されました。

    続きを読む
  10. 福祉専門職員配置等加算 〜有資格者のいる生活介護事業者が取得できる加算〜

    福祉専門職員配置等加算とは障害福祉サービス事業者が良質な人材の確保を可能にし、サービスの質の向上を図るために取得が可能となる加算のことです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る