就労継続支援

  1. 施設外就労加算に代わる地域協働加算の取得ポイント(令和3年度報酬改定)

    令和3年度障害福祉サービス等報酬改定により今まで就労継続支援A型・B型で取得が可能だった施設外就労加算が廃止になりました。一般就労への高い移行実績や高い賃金を実現する事業所や地域連携の取り組みへの評価に組み替えられていきます。

    続きを読む
  2. 在宅利用者に対する就労移行支援・就労継続支援の提供 〜障害者が在宅でも働ける仕組み〜

    在宅でも利用できる障害福祉サービス ・居宅介護・重度訪問介護・重度障害者等包括支援・就労継続支援・就労移行支援・自立生活援助(単身の場合) 今回はこの中でも就労継続支援・就労移行支援について、在宅で利用できる仕組みをご紹介致します。

    続きを読む
  3. 緊急事態宣言の再発動に伴う障害福祉サービス事業者の4つの対応

    緊急事態宣言の再発動令和2年4月〜5月の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言に続き、令和3年1月8日にも緊急事態宣言が再発動されました。期間は2月7日までです。

    続きを読む
  4. 障害福祉サービスの報酬を算定する際に必要な利用者数の計算方法 〜人員基準・加算単位数を算定する際の利用者数の計算〜

    利用者数の把握が必要な理由障害福祉サービス報酬を算定するために、障害福祉サービスの利用者数を把握する必要があります。この利用者数を基に人員基準と加算単位数を算定する際の利用者数が決まってくるため、利用者数の把握が大切になってきます。

    続きを読む
  5. 生活介護と就労継続支援B型の違い 〜生産活動の観点から〜

    生活介護と就労継続支援の違い今回は生活介護と就労継続支援の生産活動における違いについて解説します。生活介護と就労継続支援の提供時間の違いまずそもそも障害者総合支援法第5条にそれぞれ以下のように規定されています。

    続きを読む
  6. フランチャイズ契約を活用して障害福祉サービス事業に参入するメリット・デメリット

    法人を設立しなくても障害福祉サービス事業の参入が可能なケース障害福祉サービス事業を開始するためには法人格を取得する必要があります。

    続きを読む
  7. 障害者優先調達推進法の仕組み 〜国・地方公共団体の責務〜

    障害者優先調達推進法平成24年6月27日に公布され、平成25年4月1日より施行された法律です。行政による物品・役務の調達が障害者就労施設から行われることで就労施設の受注機会の確保、物品・役務の調達の需要の向上が望まれています。

    続きを読む
  8. 農福連携の課題 〜障害福祉サービス事業者が農業に参入するハードル〜

    農福連携農福連携という言葉をご存知でしょうか?農業は高齢化社会により担い手が高齢化している現状や農地管理の課題や担い手不足により衰退していっております。

    続きを読む
  9. 就労系障害福祉サービスにおける在宅就労導入に係る支援 厚生労働省の費用補助

    厚生労働省が提供する就労系障害福祉サービスにおける在宅就労導入に係る支援新型コロナウイルスの感染予防の観点から就労移行支援、就労継続支援の利用者の在宅就労、在宅訓練の促進を目的としたテレワークの導入が推進されております。

    続きを読む
  10. 新型コロナウイルスによる休業を視野に入れている場合に障害福祉サービス事業者が取得したい加算 〜就労移行支援・就労継続支援事業者がグループホームへ応援する際に取得できる加算〜

    新型コロナウイルスによりグループホームに入居する利用者の日中の支援が困難新型コロナウイルスの感染防止を目的とした緊急事態宣言が発動されたことで通所型サービスの休業が相次いでいる現状があります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る