家族信託

  1. 不動産を共有する場合において知っていただきたいこと

    共有はなぜ揉めやすいの?共有が揉める原因として、共有物に「変更」を加えるには、共有者全員の同意がなければ、行うことができないことが挙げられます。(民法251条)この「変更」の例として、他者への売却・農地から宅地に変える農地転用が挙げられます。

    続きを読む
  2. 自分が認知症になった後の財産管理をどうしていくか?

    自分が認知症になった後の財産管理少子高齢化が進んでいる現在、高齢者で認知症になってしまうケースは2020年には300万人近くになると推定されています。MCI(軽度認知障害)の方を加えるとさらに人数が増えていくことでしょう。

    続きを読む
  3. 子のいない夫婦における配偶者亡き後の財産の承継とは

    子のいない夫婦の財産はどうなっていくの?子どものいない夫婦で先祖代々受け継いできた財産を所有している方は自分が亡くなってしまった場合に配偶者に相続されるため、ご自身の家系ではなく、配偶者の家系に所有権が移ってしまいます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る