実地指導

  1. 障害福祉サービス事業者が預り金を管理する際に実地指導で指摘されやすいポイント

    預り金が発生するケース・心身の状況によって利用者自らの金銭等の管理が困難なケースこのようなケースが発生する場合、利用者からの依頼に基づき、障害福祉サービス事業者が金銭管理を利用者の代わりに行うことが可能となります。

    続きを読む
  2. 個別支援計画の実地指導における指摘ポイントとサービス管理責任者の現実

    個別支援計画に関する記事は以前作成致しました。関連記事:個別支援計画についてその時に触れた話の1つに作成を怠ると減算の対象になると説明したので、今回はなぜ減算されるのか?どのくらい障害福祉サービス事業者の経理に打撃が入るのかという点を掘り下げて説明致します。

    続きを読む
  3. 障害福祉サービス事業における不法行為とは 〜監督責任・使用者責任・正当防衛を正しく理解していますか?〜

    不法行為についてどのくらい理解してますか?障害福祉サービス事業者にとって不法行為と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが「虐待」ではないでしょうか?利用者に傷一つ負わせてしまったら、すぐに「虐待」を疑われやすく、従業員である職員は支援に迷いが生じているケースも多いことでしょう。

    続きを読む
  4. 身体拘束の実地指導における指摘ポイント 〜身体拘束・行動制限マニュアルを作成するための障害福祉サービス事業者の取り組み〜

    障害福祉サービス事業者の中には、利用者の中に、他害行為や破壊行為の激しい強度行動障害のある方がおり、ご本人への対応に苦慮されているケースがあるのではないでしょうか?参照:強度行動障害リーフレット他利用者を守るために、やむを得ず、身体拘束を行なってしまうケースもあるのではないかと思いま...

    続きを読む
  5. 実地指導のポイント 〜衛生管理〜

    衛生管理の義務新型コロナウイルスが流行している昨今、この衛生管理は障害福祉サービス事業者にとって、関心を集めている話題の1つと言えるでしょう。日中活動や夜間サービスを提供する障害福祉サービス事業者は衛生管理に努める義務があります。

    続きを読む
  6. 実地指導のポイント 〜グループホームの入退居〜

    グループホームを入居する場合、退居する場合の実地指導ポイントグループホームに入居する場合、グループホームを退居する場合にも実地指導で指摘されるポイントが存在します。

    続きを読む
  7. 実地指導のポイント 〜施設外支援・施設外就労〜

    施設外支援企業内等で行われる企業実習への支援のことです。利用者は下記の要件を満たす場合、1年間に合計180日間利用することができます。

    続きを読む
  8. 実地指導のポイント 〜生産活動における工賃〜

    生活介護事業や就労継続支援事業において生産活動を提供している障害福祉サービス事業者は生産活動に従事している利用者に、工賃を支払う義務があります。

    続きを読む
  9. 実地指導のポイント 〜生産活動に係る売上金〜

    生産活動を実施する障害福祉サービス・生活介護・就労継続支援・就労移行支援これらを提供している障害福祉サービス事業者であれば、生産活動に係る売上が発生します。

    続きを読む
  10. 実地指導のポイント 〜日常生活費の受領〜

    日常生活費日常生活費とは利用者の自由な選択により、障害福祉サービス事業者がサービスの一環として提供する日常生活上の便宜に係る経費とされています。これらは利用者の負担とすることが可能な費用とされています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る