共同生活援助

  1. 障害福祉サービスの報酬を算定する際に必要な利用者数の計算方法 〜人員基準・加算単位数を算定する際の利用者数の計算〜

    利用者数の把握が必要な理由障害福祉サービス報酬を算定するために、障害福祉サービスの利用者数を把握する必要があります。この利用者数を基に人員基準と加算単位数を算定する際の利用者数が決まってくるため、利用者数の把握が大切になってきます。

    続きを読む
  2. オンライン面会を導入する際のポイント 〜障害者支援施設・グループホームの利用者と家族の会話の重要性〜

    オンライン面会新型コロナウイルスの感染経路の遮断のため、障害者支援施設やグループホームでは緊急時を除いてご家族との面会を謝絶している状況があります。ご家族としてはご本人が元気に過ごせているか、体調を崩していないか、感染していないか心配されているケースが多いです。

    続きを読む
  3. 障害者雇用を推進する会社が1つの障害者グループホームを立ち上げる前に知っておきたい経営と収入の仕組み

    障害者雇用とグループホームの密接な関係障害者雇用率の達成障害者雇用を推進する会社とは簡単に説明すると、障害者雇用率を満たしている会社です。会社で雇っている従業員のうち、障害者の割合が2.2%(2020年6月現在)以上の場合、障害者雇用率を満たしていることになります。

    続きを読む
  4. フランチャイズ契約を活用して障害福祉サービス事業に参入するメリット・デメリット

    法人を設立しなくても障害福祉サービス事業の参入が可能なケース障害福祉サービス事業を開始するためには法人格を取得する必要があります。

    続きを読む
  5. 日中支援加算 〜グループホームの利用者が昼間の時間帯に過ごす時に取得できる加算〜

    日中支援加算グループホームの利用者が体調不良等の理由でサービスを利用しない日の昼間の時間帯はグループホームで過ごすことになります。その際にグループホームが取得できる加算が日中支援加算となります。

    続きを読む
  6. 受託居宅介護サービス費 〜外部サービス利用型グループホームが請求できる報酬〜

    受託居宅介護サービス費外部サービス利用型グループホームは生活支援員の配置が不要となりますが、障害支援区分2以上の利用者が利用されることもあります。つまり支援の度合いが高めの方も利用できるように居宅介護を利用してグループホームで生活する仕組みとなります。

    続きを読む
  7. 夜間支援等体制加算 〜グループホームの体制・従業員の勤務により単位数の変わる加算〜

    夜間支援等体制加算夜間支援等体制加算はグループホームを運営する障害福祉サービス事業者が取得できる加算です。種類は加算Ⅰ〜Ⅲまであり、それぞれ取得要件が変わってきます。

    続きを読む
  8. グループホームから自宅に戻って生活する利用者の報酬算定要件・加算取得要件 〜新型コロナウイルスの影響を受けて〜

    グループホームから自宅に戻って生活する利用者が報酬算定対象となるには…新型コロナウイルスの感染拡大による影響から多くのグループホームでは週末も利用者が日中過ごしている現状が続いていることと思います。

    続きを読む
  9. 新しくグループホームとして利用予定の物件の4つの確認ポイント 設備基準と一緒に確認したいポイント

    グループホームとして利用予定の物件についてグループホームの立ち上げを視野に入れている方は一緒に頑張っていく仲間と共に法人格を取得し、これからグループホームの運営を頑張っていこうと思っている方が多いかと思います。

    続きを読む
  10. 新型コロナウイルスによる休業を視野に入れている場合に障害福祉サービス事業者が取得したい加算 〜就労移行支援・就労継続支援事業者がグループホームへ応援する際に取得できる加算〜

    新型コロナウイルスによりグループホームに入居する利用者の日中の支援が困難新型コロナウイルスの感染防止を目的とした緊急事態宣言が発動されたことで通所型サービスの休業が相次いでいる現状があります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る