ブログ

農地に福祉施設を建てるのに時間がかかる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

農地転用許可って何?

 

農地を農地以外のものとして利用するために、都道府県知事に許可を受けることをいいます。農地法の4条と5条に定められています。

 

農地法4条と5条の農地転用許可の違いって何?

 

農地法4条における許可

自分の農地を農地以外のものとして利用したい場合に行います。

例)自分の農地に家を建てるためには農地法4条における許可を受ける必要があります。

農地以外のものとして利用するために4条は持ち主が変わりません

 

農地法5条における許可

他者の農地を農地以外のものとして利用するためにその農地を買う、または借りるために行います。

 

例)他者名義の農地に自分の家を建てるためにその農地を手に入れるには農地法5条における許可を受ける必要があります。

 

農地以外のものとして利用するために5条は持ち主が変わります

 

 

 

法人で所有する農地だったら、すぐに農地転用許可が受けられるの?

 

その農地が農業振興地域の農用地区域に入っていると、法人で所有する農地だからと言って農地転用許可が受けられません。

この農用地区域のことを「青地と呼びます。

 

農用地区域の調べ方

農業振興地域整備計画で農用地区域が決められています。

農地転用許可を受けたいと思っている農地が農用地区域に入っているかどうかは法人の所在する市町村の農業振興課又は農政課等に確認しましょう。

 

市町村に確認したら、農地が農用地区域に入ってた…どうしよう

 

農用地区域に入っていたからと言って、農地転用許可を諦める必要はありません。

市町村は半年に1回程ですが、農用地区域内の農地を別の用途での使用を目的とした方を対象に農業振興地域整備計画の変更申請を受け付けています。

この変更申請を農振除外申請と呼びます。

農振除外申請は各市町村によって受付時期が異なりますので、確認しましょう。

農振除外を終えた農地を「白地」と呼びます。農振除外は農地を「青地」から「白地」に変更するために行います。

 

まとめ

 

農地転用許可は法人の農地であれば、すぐに受けられるものではないことを押さえておきましょう。

福祉施設を建てようとする農地が農用地区域に入っているか入っていないかによって、農地転用許可に要する時間が変わります。

 

農地転用許可以外に必要な手続き

市街化区域の場合には福祉施設の規模が500㎡以上、市街化調整区域の場合は福祉施設の規模の大きさに関わらず、開発許可申請手続も一緒に行わなければなりません。

福祉事業の立ち上げを視野に入れている方々の参考になれば幸いです。

駐車場として利用する場合も同様です。

農用地区域と知らずに駐車場として利用していたために、農業委員会より指摘を受けたケースもありますので、ご注意を。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

障害福祉サービス事業者に知っておいていただきたいことの一覧となっております。

気になる方は↓↓↓をクリック❗️

 

 

<障害福祉業界を明るくしたい行政書士の自己紹介>

<ご相談・お問い合わせ窓口>

<取扱業務>

障害福祉サービス事業指定申請(変更、更新)、実地指導対策、特定処遇改善加算取得支援、事業展開、資金調達、資金繰り、法人設立(株式会社・一般社団法人 等)に関する業務を取り扱っております。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

関連記事

ページ上部へ戻る