yutaro.snhrの記事一覧

  1. 第2のショートステイと期待される民泊を始める方法 〜個人で障害者の受け入れを行う場合〜

    民泊は第2のショートステイとして期待先日noteで以下の記事を挙げました。民泊が第2のショートステイとして利用される可能性があることをご紹介致しました。

    続きを読む
  2. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分) 〜障害福祉サービス再開に向けた支援事業〜

    障害福祉サービス再開に向けた支援事業障害児者やその家族の健康・生活を支える上で必須の在宅障害福祉サービス等の利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備等の取り組みについて支援を都道府県が行うことになりました。下記の2つの事業を行います。

    続きを読む
  3. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分) 〜感染対策徹底支援事業(かかり増し経費の補助)〜

    障害福祉サービス施設・事業所等における感染対策徹底支援事業かかり増し経費令和2年4月1日以降に障害福祉サービス施設・事業所等で感染症対策を徹底し、障害福祉サービスを利用者へ提供するために購入した経費であり、通常の障害福祉サービス等の提供時では想定されず、実施要綱に反しない経費であれば、幅広く...

    続きを読む
  4. 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(障害分) 〜新型コロナ慰労金の申請〜

    障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業新型コロナウイルスの障害福祉サービス施設・事業所等に勤務する職員へ下記の理由から慰労金の給付が決定されました。

    続きを読む
  5. オンライン面会を導入する際のポイント 〜障害者支援施設・グループホームの利用者と家族の会話の重要性〜

    オンライン面会新型コロナウイルスの感染経路の遮断のため、障害者支援施設やグループホームでは緊急時を除いてご家族との面会を謝絶している状況があります。ご家族としてはご本人が元気に過ごせているか、体調を崩していないか、感染していないか心配されているケースが多いです。

    続きを読む
  6. 身体拘束の実地指導における指摘ポイント 〜身体拘束・行動制限マニュアルを作成するための障害福祉サービス事業者の取り組み〜

    障害福祉サービス事業者の中には、利用者の中に、他害行為や破壊行為の激しい強度行動障害のある方がおり、ご本人への対応に苦慮されているケースがあるのではないでしょうか?参照:強度行動障害リーフレット他利用者を守るために、やむを得ず、身体拘束を行なってしまうケースもあるのではないかと思いま...

    続きを読む
  7. 台風19号・熊本県球磨川の氾濫から変化させたい障害者施設の防災意識 〜今からやっておきたい災害対応マニュアルの見直し〜

    障害福祉サービス事業者の防災意識の変化2019年は台風15号・台風19号により千葉県・長野県・埼玉県を始めとした多くの自治体に甚大な被害が巻き起こりました。特に埼玉県川越市では被害に遭った社会福祉法人が2法人もあります。私の勤めていた施設も被害に遭いました。

    続きを読む
  8. 常勤換算方法による従業員の勤務時間の計算 〜障害福祉サービス事業に必要な従業員の人数の割り出し方〜

    常勤換算方法とは事業所の従業員全員の勤務時間の総数を常勤雇用の従業員の勤務時間の合計で割り、事業所に雇用されている従業員全員の総数を事業所に常勤雇用の従業員の数に置き換える方法であり、つまり事業所の従業員全員のうち、常勤雇用の従業員がどのくらい雇われているのかを割り出す方法で...

    続きを読む
  9. 生活介護と就労継続支援B型の違い 〜生産活動の観点から〜

    生活介護と就労継続支援の違い今回は生活介護と就労継続支援の生産活動における違いについて解説します。生活介護と就労継続支援の提供時間の違いまずそもそも障害者総合支援法第5条にそれぞれ以下のように規定されています。

    続きを読む
  10. 平均障害支援区分の計算式 〜生活介護事業所の生活支援員の人員基準の計算〜

    障害支援区分障害者総合支援法によると、障害の多様な特性その他の心身の状態に応じて必要とされる標準的な支援の度合を総合的に示すものと規定されています(第4条第4項)。障害支援区分1〜6まであり、当てはまらない場合は「非該当」と認定されます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る