ブログ

令和2年5月8日に衆議院に提出された障害者総合支援法及び児童福祉法の一部を改正する法案の内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

障害者総合支援法及び児童福祉法の一部を改正する法案

 

令和2年5月8日午後に衆議院に提出された法案の1つです。可決予定の法案となりますが、どんな内容であるかご紹介致します。あくまで法案ですので、実際に国会によって可決された法律ではありません。廃案となる可能性もありますので、あらかじめご了承下さい

関連ニュース:介護・障害福祉従事者の処遇改善等を目指す 障害福祉関連3法案を衆院に提出

 

食事提供体制加算に関する経過措置

厚生労働大臣は障害者の所得の状況等を考慮して、当分の間は食事提供体制加算の廃止をしてはならず、令和元年10月1日の食事提供体制加算よりも利用者に不利な内容を定めてはいけないこととなります。不利な内容とは以下が挙げられます。

 

・食事提供体制加算により算定される費用の額が引き下げられる内容

・食事提供体制加算の算定要件が利用者に対する食事の提供を制限することとなる内容

※児童福祉法では名称が食事提供加算となりますが、内容については変更はありません。

関連記事:食事提供に要する費用 〜食事提供体制加算〜

 

送迎加算に関する経過措置

厚生労働大臣は障害者が障害福祉サービスを受ける機会を確保する必要性を考慮して、当分の間は送迎加算について、令和元年10月1日の送迎加算よりも利用者に不利な内容を定めてはいけないこととなります。不利な内容とは以下が挙げられます。

 

・送迎加算により算定される費用の額が引き下げられる内容

・送迎加算の算定要件が利用者に対する送迎の提供を制限することとなる内容

 

※児童福祉法でも名称も内容も変更はありません。

関連記事:送迎加算を取得する際の注意点

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

参照:衆法 第201回国会 12 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律及び児童福祉法の一部を改正する法律案

 

 

記事の作成者紹介↓

障害福祉サービス事業に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

公式LINEアカウントの追加はこちらへ↓↓↓

関連記事

ページ上部へ戻る