ブログ

福祉専門職員配置等加算 〜有資格者のいる生活介護事業者が取得できる加算〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

福祉専門職員配置等加算とは

 

障害福祉サービス事業者が良質な人材の確保を可能にし、サービスの質の向上を図るために取得が可能となる加算のことです。

 

対象の職員

常勤の生活支援員(正規、非正規問わず)

 

対象の資格

社会福祉士介護福祉士精神保健福祉士公認心理士

 

加算の要件

福祉専門職員配置等加算(Ⅰ)

生活介護事業者の常勤の対象職員のうち、上記の対象資格を有する従業者の割合が35%以上の場合

 

福祉専門職員配置等加算(Ⅱ)

生活介護事業者の常勤の対象職員のうち、上記の対象資格を有する従業者の割合が25%以上の場合

 

福祉専門職員配置等加算(Ⅲ)

以下のどちらかにあてはまる場合に取得することができます。

 

・生活介護事業者の従業者(常勤換算方法により算出)のうち、常勤の従業者の割合が75%以上の場合

・生活介護事業者の常勤の従業者のうち、3年以上従事している従業者の割合が30%以上の場合

 

加算を取得する際の注意点

 

従業者の入れ替わりにより、対象職員の割合の変動に影響が出やすい加算ですので、従業者の退職又は入職があったら、要件の当てはめを実施してどの加算の取得が可能か調べる必要があります。
加算の変更があった場合は速やかに変更届を提出して下さい。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

生活介護事業のお役立ち情報の一覧となっております。

気になる方は↓↓↓をクリック❗️

 

 

<障害福祉業界を明るくしたい行政書士の自己紹介>

<ご相談・お問い合わせ窓口>

<取扱業務>

障害福祉サービス事業指定申請(変更、更新)、実地指導対策、特定処遇改善加算取得支援、事業展開、資金調達、資金繰り、法人設立(株式会社・一般社団法人 等)に関する業務を取り扱っております。

障害福祉サービス事業運営コンサルティング

 

関連記事

ページ上部へ戻る